RESERVE

OSAKA AREA

GIFT UMEDA

ギフト梅田店

WEB予約する TEL06-6486-9161

HYOGO AREA

GIFT HOME

ギフト西宮北口店

WEB予約する TEL0798-81-3667

RESERVE

ONLINE STORE

COLUMN

ヘアカラー

ケアブリーチって何?普通のブリーチとの違い!メリットデメリットは?

キレイなヘアカラーのためにブリーチをしたいけど、髪の毛のダメージが気になる。。


そんな方も多いと思います。


ベージュ系の外国人風のヘアカラーやトレンドのペールトーンのヘアカラーなど、薄くて透明感のあるヘアカラーに染めるには、ブリーチが欠かせません。


しかし、一度ブリーチカラーをしたことがある方なら


「髪の毛のダメージを考えるとちょっと。。」


と思う方も多いはず。


そんな方におすすめなのが「ケアブリーチ」です。


なんと普通のブリーチに比べて劇的にダメージの少ないブリーチがあるんです!


髪へのダメージが少ないブリーチって最高ですよね!


今回は髪の毛へのダメージが少ないブリーチの「ケアブリーチ」について紹介させていただきます!


「そもそもブリーチって何?」


という方もぜひご覧ください!


今までブリーチカラーをしたことがない人でもわかりやすいように、ブリーチについての説明やケアブリーチのメリット・デメリットを紹介させていただきます。


今美容師の間でも注目されているケアブリーチ。


キレイなヘアカラーになりたいという方は最後までご覧くださいね。


それではまずケアブリーチを紹介する前に、ブリーチとはどんなものなのかを紹介していきましょう!

ヘアカラー

ブリーチってどんなヘアカラーなの?

ブリーチとは簡単に言うと『髪の色素を分解して、明るくすること』です!


それぐらいは知ってるよ!という方もたくさんいらっしゃると思いますが、少しだけ詳しくお話ししますね。


髪には髪の色を決める『メラニン色素』という色素の種類と量で決まります。


専門用語でいうと


・ユウメラニン (こげ茶色)

・フェオメラニン (黄色)


という2つのメラニンの量で決まります。





わかりやすくいうと、このこげ茶色と黄色のメラニンが混ざって髪の色が決まるのです。


日本人はこげ茶色メラニンがとても多いので、黒髪になります。


一方欧米の方はこげ茶色メラニンがほとんどなく、黄色メラニンの色だけ見えるのでいわゆる『金髪』に見えるのです。


つまりブリーチとはこのこげ茶色メラニンを分解して、髪を明るくする事。


日本人のほとんどの方の髪は、黒もしくは濃い茶色の方がほとんどですよね?





日本人の髪をブリーチすると


こげ茶赤茶


の順番で変化していきます。





『ブリーチで明るくなるのはわかったけど、何でする必要があるの??』


こういうご意見もあると思います!


例えばアッシュ系(青)で考えてみましょう!


黒色の画用紙に青い絵の具を塗っても色はわかりませんよね?


1.jpg


では少し明るい髪をイメージしてブラウンカラーの画用紙に交換してみましょう!


2.jpg


 


青とは言えませんが色の変化はわかりますよね?


では黄色だとどうでしょう?


3.jpg


これだとかなり青だと認識できるのではないでしょうか?


このように髪(画用紙)を明るくする事で、よりヘアカラー(絵の具)を綺麗に見えるようになるんだよ。


染める前にブリーチをして明るくすることで、ヘアカラーを綺麗に染めることができるんだ。


『ブリーチしなくても普通のカラーでもいいんだけど』


という方は、もちろんブリーチをしなくても落ち着いた色味でおしゃれなカラーはできます!


普通のヘアカラーは先ほどの画用紙でいうと赤茶色かブラウンカラーの画用紙に絵の具を塗るといった感じです。


ブリーチをしなくても、少しでもカラーが綺麗に見えるように紫や、緑など色んな色を混ぜてヘアカラーの色味を表現していますが、仕上がりは茶色ベースのヘアカラーになります。





髪にブリーチをする理由は「ヘアカラーをより綺麗に染めるため」


『はっきりした色がいい』

『外国人風カラーにしたい』

『透明感のあるヘアカラーを楽しみたい!』


といった方はやはりヘアカラーを染める前のブリーチが不可欠です!


ただし、ブリーチをするときにはぜひ知っておいて欲しいことがあります。


それが「髪の毛のダメージ」


ブリーチは髪の毛にある色素を分解するときに髪に大きなダメージを与えてしまうんです。


ちゃんとケアをしないと、あっという間にヘアカラーが落ちてしまうこともあるんですよ。


 

ヘアカラー

髪が傷まないケアブリーチとは!?

ケアブリーチとは最初にも紹介した通り、髪の毛に優しいブリーチです。


・ブリーチによるダメージを大幅カット

・切れ毛や枝毛を90%以上削減

・ブリーチを繰り返しても髪の強度がおちにくい


このような特徴があります!


もちろんブリーチの効果としては、ケアブリーチでも普通のブリーチと同じように綺麗に色素が分解できるので安心してくださいね。


ブリーチとケアブリーチの違いは髪の毛に与えるダメージの量


それではなぜ効果も同じなのに、ケアブリーチの方が髪の毛にダメージを与えないのでしょうか?


それは配合されているアルカリ剤が関係しています。


このアルカリ剤は


・髪を明るくする

・髪にカラーの染料を浸透させる


という目的で配合されています。


なのでカラー剤には欠かせない成分なんです。


ブリーチだけではなく、普通のヘアカラーにも配合されているんですよ。


しかし、髪の毛は肌と同じ弱酸性。

反対の性質であるアルカリ性の薬がついてしまうと、ダメージの原因になるんです。


明るいヘアカラーほど配合されるアルカリ剤は多くなり、さらにブリーチにはもっと多くのアルカリ剤が配合されています。


そのため、ブリーチは髪の毛にとって大きなダメージを与えてしまう原因になるのです。


難しく考えなくて大丈夫です!


ヘアカラーを明るくすればするほど、髪の毛はダメージを受けてしまうと覚えておいてくださいね。


髪の毛はアルカリ剤から発生するヒドロキシイオンが髪の毛のダメージの原因に。


しかし、ケアブリーチにはヒドロキシイオンを抑制する働きのある酸を配合しているんです。


簡単にまとめると「ダメージの元になる悪いものを特殊な酸で、働かなくしてしまう!」ということです。

ヘアカラー

ケアブリーチのメリット・デメリット

ブリーチよりも髪の毛に与えるダメージの量が少なく、綺麗なヘアカラーに染めることができるケアブリーチ。


一度ここでケアブリーチのメリットとデメリットをまとめておきましょう!


まずはデメリットからです。


この特殊な酸を使ったケアブリーチの薬剤は開発されて間もなく、特殊な成分で作られているので、薬剤がとても高いんです。


その為コストが上がってしまうので料金が少し高くなってしまいます。


それでは続いてケアブリーチのメリットの紹介です!


・ブリーチをしたのに指通り・手触りがいい


・髪にツヤがでる


・ダメージで髪が広がるという事がない


・髪のハリコシが失われにくい


・繰り返しブリーチしてもかなりダメージしにくい


・通常のブリーチの施術時間と同じ時間でできる

ヘアカラー

ケアブリーチはどんな人におすすめ?

ここまで読んでいただいた方にはケアブリーチの良さをわかっていただけたかと思います。


特にケアブリーチはこんな方におすすめです!


・すでにブリーチをしている方

・おしゃれなカラーを楽しみたいけどダメージが怖い方

・髪が細い方(ダメージを受けやすい髪の毛)

ヘアカラー

まとめ

 


ケアブリーチは髪へのダメージが少ない


美容師注目の新しいヘアカラー


綺麗な髪の状態で綺麗なヘアカラーに染まる


全ての方におすすめです

SEARCH

COLLECTION

RECRUIT