RESERVE

OSAKA AREA

GIFT UMEDA

ギフト梅田店

WEB予約する TEL06-6486-9161

HYOGO AREA

GIFT HOME

ギフト西宮北口店

WEB予約する TEL0798-81-3667

RESERVE

ONLINE STORE

COLUMN

ヘアケア

【保存版】脱!ダメージヘア!美髪で垢抜け美人に!?ヘアケアの徹底解説

普段、ヘアケアはどれだけ気を遣って行ってますか?ダメージしていませんか?つややかで輝くような美髪は、おしゃれを格上げしてくれる重要なポイントです。きれいな髪に憧れている人は、ぜひ毎日のヘアケアに注目してみて!自分の髪の状態を知って適切なヘアケアをすることで、あなたも美髪に近づけるはず。今回はヘアケアの基本を徹底解説します。垢抜け美人になりたい人は要チェックです!


髪のダメージやパサつき、カラーの色落ちが早いなどお悩みではありませんか? ヘアダメージを防いで美髪を手に入れたいなら、毎日のヘアケアに注目してみましょう。



美髪でいるためには、どんなヘアケアが必要?





シャンプーやヘアドライなど、日常的なヘアケアを正しく行うことがとっても大切です。



やり方を間違えてしまうと、せっかくのヘアケアがダメージの原因になってしまうこともあります。

ここからはサラサラ美髪を手に入れるための、今日から実践出来るヘアケアのコツを紹介します!



ヘアケア

自分の髪の状態を知ること



効果的なヘアケアのポイントは、髪の状態や髪質に合わせた方法を取り入れることです。



美髪を目指したい人は、まずは自分の髪の状態、ダメージのレベルをチェックしてみましょう。



髪の美しさを決めるキューティクルの仕組み




髪のダメージが気になる人は、髪表面にある「キューティクル」の状態から見ていきましょう。





キューティクルとは、髪の表面にある魚のウロコのような形状をした組織で、髪の内部組織を守る働きをしています。


このウロコのような形で髪の水分を保持しているため、キューティクルが整っているとうるおいに満ちたツヤ髪をキープできるのです。






しかし、キューティクルは非常に薄く、摩擦や熱に弱い部分です。



ブラシで無理にとかしたり、濡れた状態で髪をこすると、キューティクルが剥がれてうるおいやツヤが失われてしまいダメージの原因となります。

さらに長時間のドライヤーも、キューティクルのダメージ要因。

キューティクルが剥がれると髪のうるおいが保てなくなるだけでなく、髪内部のタンパク質が流出してしまい、さらに髪のダメージが進行します。





「髪が乾燥する」「髪のツヤがない」「ヘアケアしてもダメージが進んでしまう」という人は、キューティクルが剥がれている可能性が高いです。



あなたの髪はどんな髪?




キューティクルのダメージと合わせて、髪質のチェックも重要ポイント。 日本人の髪質には、主に次の4つがあげられます。




・くせ毛



・直毛



・猫っ毛



・剛毛



ただし髪質は、くせ毛×剛毛、猫っ毛×直毛など、かけ合わせになっていることも。 それぞれの特徴を理解して、自分の髪質がどれに当てはまるか確認し、それに合ったヘアケアの方法を実践しましょう。



ヘアケア

日常生活で気をつけるヘアダメージ


ヘアダメージを防ぐためには、日々の生活習慣も意識しましょう。 ちょっとした場面にも、髪のダメージ原因が潜んでいます。 ヘアケアも重要ですが、普段の習慣も見直してみましょう!




 


熱ダメージ


ヘアケアの最大の敵!!熱ダメージ!





髪表面のキューティクルは、熱に弱い部分です。

毎日のドライヤーやアイロンで過剰に熱をかけすぎると、キューティクルが傷んでダメージばかりのツヤのないパサパサの髪に……。



熱ダメージを防ぐためには、髪の負担になりにくいドライヤーやアイロンを選ぶのがポイントです。

ドライヤーなら髪の温度が上がりにくい温冷切り替えができるもの、アイロンなら熱の負担を和らげる素材でできたものなどを選びましょう。



 


紫外線ダメージ




実は髪の毛も、肌と同じように紫外線によって日焼けしてしまうのです。 髪表面には紫外線を吸収する色素(メラニン)がないため、強い日差しを浴び続けると、キューティクルが剥がれてパサパサの状態になってしまいダメージが進行してしまいます。




長時間屋外にいるときは帽子や日傘で紫外線を防ぐ、髪用の日焼け止めを使う、などのヘアケアを心がけダメージを防ぎましょう。






 


湿気ダメージ




雨の日や梅雨のシーズンなど、湿気が多いときは髪が扱いにくくなりがち。 くせ毛さんや剛毛さんは髪が広がりゴワゴワしやすく、直毛さんや猫っ毛さんはぺったりとしてボリュームがなくなってしまいます。 湿気によって扱いにくくなった髪を、無理にとかしたり過剰にブローしたりすると、ヘアダメージに繋がります。




湿気が気になる時期は、シャンプーやトリートメントを丁寧に行ってヘアケアすること、髪質に合ったスタイリング剤を使うことがポイントです。






 


薬剤ダメージ




ヘアケアをちゃんとしようって思うきっかけがカラーですよね。カラーやパーマなどに使う薬剤も、髪のダメージ原因のひとつ。 特に明るいカラーに欠かせないブリーチは、やっぱり髪が傷みやすいダメージになるイメージがあります。




美髪をキープしながら、おしゃれなカラーやパーマを楽しみたい人は、髪にやさしい薬剤をチョイスしましょう。

とは言っても、自分でヘアケアするのにも限りがあります。ダメージ原因になりにくいメニューは、自分ではなかなかわからないもの。

サロンで美容師さんに相談しながら、髪の状態に合わせた傷みにくいメニューを提案してもらうのがおすすめです。




ヘアケア

髪をきれいに保つ、シャンプーケア


ヘアケアにはいろいろな方法がありますが、美髪の基本は「毎日のシャンプー」です。 デイリーケアなので意識せずに行っていますが、シャンプーのやり方を間違えると逆に髪がダメージを受けることもあります。


また、市販のシャンプーは洗浄力が高く髪への刺激が高い為傷めることになります。


ヘアケアとして是非使ってみて欲しいそこでオススメなのがnaluシャンプー!



スタッフ大絶賛、ヘアケアで使うならこれ!っていうくらいオススメしたいシャンプーです。


洗浄力も高いですが、80%が美容液成分で出来ています!食品を洗浄する天然グルコシド系洗浄成分と保湿、補修効果のあるコラーゲン系洗浄成分が、頭皮頭髪を優しく洗い上げます。


洗い上がりが市販のシャンプーとは大違い!シャンプーでここまで髪質が変わるんだってくらい手触りが変わります。


 


ヘアケア

乾かし方も大事なポイント


シャンプー後の乾かし方にも注目を




髪を洗った後、タオルでゴシゴシこすったり、濡れたまま放置したりしていませんか? これもヘアケアの悪い例です、髪のダメージ原因のひとつ。




ドライヤーを使った正しいヘアケア方法で、しっかり髪をケアし乾かしましょう。




手順①髪を洗い終わったら髪の根元から首筋方向へ、手のひらで押さえながら水分をしぼる



手順②清潔なタオルで髪を包み込み、手で押さえるようにしてタオルに水分を吸収させる



手順③髪をタオルで挟んで、しっかり水分を吸収させてタオルドライする



手順④ドライヤーを強めの温風にして、髪の根元を中心に全体を8割程度乾かす



手順⑤弱めの温風に切り替え前髪を乾かしたあと、全体をしっかり乾かし整える



手順⑥仕上げに冷風を全体に当てて、髪の熱を逃す

 

シャンプーと同じく、毎日の習慣でドライヤーで髪は乾かします。

その毎日の習慣をもう一度改めて意識し直してみて下さい。

それだけでもヘアケアのレベルが変わってきます、是非実践してみて下さい。

ヘアケア

まとめ 

一番大切な事は毎日必ずヘアケアをしっかりする事


「髪は丁寧に優しく扱いましょう」!!!!


ということ。


髪は毎日ヘアケアが変わるだけで劇的に変化します。


ブラッシングの際にムリヤリ梳かしてないですか??


半乾きのまま寝てしまっていないですか??


枝毛の毛先をずっといじってないですか??


また、カラーやパーマをしているなら、正しいヘアケアを実践できていますか??


髪は人に与える印象を左右する重要なパーツです!!


ヘアケアを正しく努力すれば、きっと髪はキレイになって応えてくれます。


是非、試してみて下さい!


GIFT HOME


⇩ご予約はこちらから⇩


hotpepper : https://beauty.hotpepper.jp/slnH000262819/


Instagram : https://www.instagram.com/gift.beautysalon


tel : 0798-81-3667


𖤣𖤥𖠿𖤣𖤥


兵庫県西宮市高松町19-9 プレミスト西宮北口1階

同じカテゴリのコラム

SEARCH

COLLECTION

RECRUIT