RESERVE

OSAKA AREA

GIFT UMEDA

ギフト梅田店

WEB予約する TEL06-6486-9161

HYOGO AREA

GIFT HOME

ギフト西宮北口店

WEB予約する TEL0798-81-3667

RESERVE

ONLINE STORE

COLUMN

その他

縮毛矯正のストレートパーマの違い

皆さんの中でもストレートパーマや縮毛矯正を「一度でもした事がある」もしくは「今もずっとしている」という方は多いはずです。




くせ毛の方が憧れる「サラサラなストレートヘア」になれるなら、、、と




実は間違った方法を選んでしまっている可能性もありませんか?




そこでここでは、ストレートパーマと縮毛矯正の違いや選択方法についてまとめてみました!

その他

縮毛矯正のストレートパーマの違い

縮毛矯正もストーレートパーマも基本は同じ薬剤(1剤、2剤)を使用し、1剤で髪を柔らかくし、2剤で元のハリのある状態に戻します。「縮毛矯正」は1剤と2剤の間でアイロンなどで熱を加え、熱の力を借りて髪を伸ばして頑固なくせを取り除きます。


 


縮毛矯正の目的は、くせをとってまっすぐにすることです。もともと地毛に強いくせが付いている人が行う施術です。一方、ストレートパーマの目的はパーマを落としてストレートに戻すことです。1度かけたパーマのカールなどをまっすぐにしたいときに施術します。


 


施術時間は熱を加える時間分だけ縮毛矯正が長いです。持続期間はくせの強さや髪の長さで多少前後しますが、ミディアムで34カ月、ロングで6カ月ほどです。ただ、髪は1カ月で1cmほど伸びるので、ショートさんは根元のうねりが早い段階で気になる人もいます。また、ヘアケアも持続のポイントです。


 


縮毛矯正もストーレートパーマも基本は同じ薬剤(1剤、2剤)を使用し、1剤で髪を柔らかくし、2剤で元のハリのある状態に戻します。「縮毛矯正」は1剤と2剤の間でアイロンなどで熱を加え、熱の力を借りて髪を伸ばして頑固なくせを取り除きます。


縮毛矯正の目的は、くせをとってまっすぐにすることです。もともと地毛に強いくせが付いている人が行う施術です。一方、ストレートパーマの目的はパーマを落としてストレートに戻すことです。1度かけたパーマのカールなどをまっすぐにしたいときに施術します。


施術時間は熱を加える時間分だけ縮毛矯正が長いです。持続期間はくせの強さや髪の長さで多少前後しますが、ミディアムで34カ月、ロングで6カ月ほどです。ただ、髪は1カ月で1cmほど伸びるので、ショートさんは根元のうねりが早い段階で気になる人もいます。また、ヘアケアも持続のポイントです。金額は縮毛矯正の方が高いです。縮毛矯正ではストレートパーマの工程にはない1剤を添付して流した後のブロウやアイロンなどで時間が掛かり、技術も必要だからです。施術料金は美容院によって違いますが、安ければ良いという訳ではありません。確かな技術も必要なので、しっかりと調査しましょう!

その他

縮毛矯正もストーレートパーマも基本は同じ薬剤(1剤、2剤)を使用し、1剤で髪を柔らかくし、2剤で元のハリのある状態に戻します。「縮毛矯正」は1剤と2剤の間でアイロンなどで熱を加え、熱の力を借りて髪を伸ばして頑固なくせを取り除きます。


縮毛矯正の目的は、くせをとってまっすぐにすることです。もともと地毛に強いくせが付いている人が行う施術です。一方、ストレートパーマの目的はパーマを落としてストレートに戻すことです。1度かけたパーマのカールなどをまっすぐにしたいときに施術します。


施術時間は熱を加える時間分だけ縮毛矯正が長いです。持続期間はくせの強さや髪の長さで多少前後しますが、ミディアムで34カ月、ロングで6カ月ほどです。ただ、髪は1カ月で1cmほど伸びるので、ショートさんは根元のうねりが早い段階で気になる人もいます。また、ヘアケアも持続のポイントです。金額は縮毛矯正の方が高いです。縮毛矯正ではストレートパーマの工程にはない1剤を添付して流した後のブロウやアイロンなどで時間が掛かり、技術も必要だからです。施術料金は美容院によって違いますが、安ければ良いという訳ではありません。確かな技術も必要なので、しっかりと調査しましょう!縮毛矯正もストーレートパーマも基本は同じ薬剤(1剤、2剤)を使用し、1剤で髪を柔らかくし、2剤で元のハリのある状態に戻します。「縮毛矯正」は1剤と2剤の間でアイロンなどで熱を加え、熱の力を借りて髪を伸ばして頑固なくせを取り除きます。


縮毛矯正の目的は、くせをとってまっすぐにすることです。もともと地毛に強いくせが付いている人が行う施術です。一方、ストレートパーマの目的はパーマを落としてストレートに戻すことです。1度かけたパーマのカールなどをまっすぐにしたいときに施術します。


施術時間は熱を加える時間分だけ縮毛矯正が長いです。持続期間はくせの強さや髪の長さで多少前後しますが、ミディアムで34カ月、ロングで6カ月ほどです。ただ、髪は1カ月で1cmほど伸びるので、ショートさんは根元のうねりが早い段階で気になる人もいます。また、ヘアケアも持続のポイントです。金額は縮毛矯正の方が高いです。縮毛矯正ではストレートパーマの工程にはない1剤を添付して流した後のブロウやアイロンなどで時間が掛かり、技術も必要だからです。施術料金は美容院によって違いますが、安ければ良いという訳ではありません。確かな技術も必要なので、しっかりと調査しましょう!縮毛矯正の特徴やメリットって何?


悩みの種だった頑固なくせをしっかりと伸ばせるのが縮毛矯正のメリットです。


まっすぐサラサラなストレートヘアになることができ、うねりのない指通り滑らかな美しい髪を目指せます!


くせ毛でありがちなのが、梅雨時期や雨の日などの湿気で髪がうねったり広がったりすること。


折角ストレートにスタイリングしても、濡れることでくせが出てしまって困ってしまう人も多いです。


しかし、縮毛矯正をすれば高い湿度の日でもまとまり、気分良く外に出られます!


まとまりと同時にキレイなツヤで美しい見た目!


縮毛矯正の特徴のひとつが「髪のツヤ」です。美容師さんがひとりひとりの髪質に合った熱の加え方や伸ばし方、アイロンワークで適切に施術することで美しいつやを生み出してくれます。サラサラでツヤツヤな理想の髪を手に入れられます♪


スタイリングしやすくて時短になる!


髪のくせやうねりを洗髪後にドライヤーで乾かすだけで取り除けるので、忙しい朝でも時間を掛けずにスタイリングが可能!


万が一スタイリングに失敗してもリセットしやすいので、操作性抜群のストレートヘアを手にできるのが縮毛矯正の最大の特徴でもあります。

その他

ストレートパーマの特徴、メリット

パーマを落として元のストレートに戻せる


パーマやカールを元のストレートに戻したいとき、ストレートパーマなら熱を加えることなく戻すことができます。熱によるダメージを回避できるので、部分的に戻す際にも最適なメニューといえます。


ペタンコにならず、ナチュラルに仕上がる


縮毛矯正はしっかりとくせを伸ばしてしまうため、髪質によっては髪がぺちゃんこになってしまうことがあります。


しかし、ストレートパーマなら縮毛矯正より緩めに伸ばしてくれるので、自然な仕上がりでくせやうねりを取り除いてくれます。


また、毛量が多くてボリュームを抑えたい人は、ストレートパーマの方がよりナチュラルにボリュームダウンすることが可能です。


くせがあまり強くない人におすすめで、くせを伸ばしすぎないことで丁度良い仕上がりになります。


ツヤは控えめだが髪の傷みはやや少ない


ストレートパーマには熱を加えるという工程がない分だけ、髪へのダメージを回避できます。反面、ツヤの面では縮毛矯正ほどの仕上がりにはなりません。

その他

縮毛矯正&ストレートパーマ、デメリットとは?

定期的なケアと金銭的負担が必要


くせの強さにもよりますが、髪が伸びてくれば根元からくせやうねりが目立つようになります。


持続期間が近づき、根元のくせを取り除きたい場合は3カ月、あるいは6カ月スパンで縮毛矯正やストレートパーマを施術する必要があります。


なので、定期的に費用や手間がどうしても掛かります。


ダメージが蓄積してしまうので美容室のシャンプーでケアが必須!


縮毛矯正とストレートパーマは、美容院のヘアメニューのなかで最も髪にダメージを与えるメニューのひとつです。


施術後はアフターケアが重要。お風呂上りはしっかりと乾かし、シャンプーはプロが使うようなアイテムを選んでみましょう!


失敗してしまうと影響が残ってしまう!


縮毛矯正もストレートパーマも施術を行った箇所はカットするまでその状態が続きます。


つまり、失敗してしまうと影響が残り続けるということなので、伸ばそうとしている場合は注意。


経験やスキルの高い美容師さんを探すことがとても重要です!

その他

まとめ

縮毛矯正&ストレートパーマを正しく選んで理想の髪へ


縮毛矯正とストレートパーマは、自分の目的に合ったメニューを選ぶことが大切です。


まっすぐにするなら縮毛矯正という訳ではなく、ストレートパーマでナチュラルにもできます。


サロンのサイトでの情報や口コミでの評判を収集し、信頼のできる美容師さんにオーダーしてくださいね!

同じカテゴリのコラム

SEARCH

COLLECTION

RECRUIT